FC2ブログ

.

もりのいえ

古家のリフォーム

9坪くらいの平屋のリフォーム見積もりを不動産屋さんに依頼してみた。まず昭和30年から40年頃に建てたかなり古い建物だということ。基礎はそれでもコンクリで、デザインも結構悪くない。でも鍵もなく入ったと同時に玄関脇に檜の朽ち果てたお風呂、そしてキッチンとリビングがあるのだか、西の光が思いっきり入るような広い窓(結構素敵な木枠)で、屋根や壁は剥がれ落ちており結構ひどい。

ラフなリフォームの見積もりをして、300万もかかるとのこと。その地点でだめかな~と思ったものの、ひそかに自分でチミチミ治して行くのも実は楽しいのではなぞ思ってしまうのは、やはり作り物好きだからなのかもしれない。とはいえ、不動産屋さんも電話の感じからはありゃーだめそうだという感じだし、設計士さんもその後見てもらうが、基礎も怪しいといわれてしまって心萎える。旦那も論外という感じでだれも愛着はないようだが、こうなるとこっちも意地になって守りたくなってきてしまった。いやー誰かDIYの得意な人に出会いたいな~と。とりあえず今度もう一度見に行こう。。。早く軽井沢も新緑のシーズンにならないかな~
スポンサーサイト



  1. 2007/03/29(木) 08:41:01|
  2. 土地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

設計士さんを決める

かなり春休みになるとスケジュールがぎちぎちで、旦那の仕事も例年通り3月はピーク。とにかく家族皆が忙しく設計の話どころか普通の会話すら持てる時間がないくらいだ。このままいったら、他の設計士さんを探すどころか今悩んでいる設計士さんのどちらかにするかさえ決められなくなるくらい忙しくなりそうだったので思い切ってO設計士さんに決める。

決めたポイントは
1)まずは第一に家のイメージする感性が自分のイメージに近い。
2)軽井沢での建築経験が多い。
3)軽井沢の気候に合わせたシステム等に詳しく実績もある。
4)思ったより(?)気さくで話していて問題なさそう。
などなどといった感じではあるが結構簡単に決めてしまったのかなというのもあるが、これから設計、見積もり、建築などの長い作業を考えここは早く進めて来年の3月くらいまでには出来上がるといいななんて思っている次第だ。

今日はそのためO設計士さんと我家で1回目の打ち合わせ。私以外の家族は今まで一度も紹介したことがなかったのでちょうど良かったと思っていたが急遽、約束の30分くらい前に会社から電話があり結局旦那はまた会わずじまいで終わる。子ども達はいつもなら大騒ぎで話なんか出来ないのだが、ちょっと緊張していたのかそれとも午前中もお客さんですっかり疲れたのかおとなしく大相撲を見入っておりちょっと気味悪かった。

さて今日は契約内容を確認。書類等の情報や進め方の説明など。また前回のプランをみての自分の感想と要望。(ちょっと大きすぎるのでサイズダウンすること、トイレの位置の変更、ゲストルームをなくすか動かすもしくは居間の一角を仕切れるようにして一部屋と考えるかなど)さらには現在古家は2軒あるのだが、そのうちの一軒は6-7坪程度のものすごい古いもので、それを夏だけ使用の簡単な離れとしてリフォームするというはどうだろうかと相談。あそこまで古いとリフォームもお金がかかりそうだから、やっぱり無理かな~と思いながら言って見る。

次回は1週間から10日後に打ち合わせ。次のプランを見るのが楽しみだ。



  1. 2007/03/25(日) 20:42:33|
  2. 設計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忙しい毎日

予想通り、今週は全く家でほっとする時間もない。秒刻みの徹底したスケジュールだ。昔から忙しくなると気合が入って案外必要以上に物事をチャキチャキ進められることもある。(とはいえ、年齢に勝てずばてることも多いが)でもいい加減娘の卒園式が日曜日なのに式のためのワンピースはまだ1/3も進んでいない。今日は何がしても8割くらいまでは終わらせようと思っているがどうなのだろう....

ちなみにこのブログを始めたのはいいが、7年も毎日書き続けてきた娘達の育児記録が最近3日にいっぺんくらいになっており、「最近写真とかも減ったね~」と普段娘達の遊んでいる風景を見れない旦那が不満そうに言っていた。いやー今日はちゃんとやろう。。。。

で!設計士さんはどうするんだ???と考える暇がなさすぎだ。
  1. 2007/03/14(水) 21:40:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう一つのプラン

今日はもう一人の設計士さんのプランを見に出かける。設計士さん二人とも自宅からかなり近い距離に事務所があるので非常にその点でも気に入っているのだが、今日の設計士さんの事務所はまさに自転車圏内。11時に約束で10時55分に家を出るので充分だ。事務所は奥様とご一緒に経営(?)しているようで半分はキッチン類のショールームのようになっていた。

さてプランに模型はついてこなかったが、かなり緻密に一つ一つに説明を入れながらで分かりやすかった。前回の方が初めて目にするものだったからか感動は少なかったが、間取はコンパクトだけど実務的、他にも空気の流れや収納の多さなど、もし定住することになったら明らかにこちらの方が有利な感じだ。前回の平屋のプランに対し今回は2階建てやはりこちらも段差を利用して中二階のような部分がある。間取り等のプランニングは確かに今日の人の方が納得できるものがあったが、やはり前回の設計士さんの方がなにか夢があって、なんとなくちょっとリスクはあるがかけて見たいと思う何かがある。 いや~でどうするべきなのか....旦那は今週はほとんど毎日朝は7時台に出社して、夜中は12時近いのでとても相談どころでない。しかも今週は娘の卒園前でほとんど家にいることなくあれこれ用事が入っている上春休みに入るとさらにこれよりも加速して忙しくなる。考える時間を少しくださいと言ったものの考える暇もなくこれから2週間が過ぎてしまいそうだ。。。
  1. 2007/03/13(火) 21:21:46|
  2. 設計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

設計士さんのプランと模型を拝見!

一番最初にお会いしたO設計士さんの一番最新の家の完成もまじかにあって、軽井沢に出向く。工務店の方の様子や家のイメージを見てくる。その後、O設計士さんのもってきてくださった計画案と模型!をいただく。なんか分からないが感動だ。なにがと言われても難しいが要は自分の家として想像するとなんか舞い上がってしまうのだろうか?

そのせいか今回は2回目に会ったこともあって、前回のような緊張もなくとても和やかにいろいろお話が出来た。機能面も予想以上によく理解しており、ちゃんと最初に聞かなかった自分に反省。嬉しくてどこをどうしたらいいなどは思い浮かばなかった。しかしそれにしてもあまりに大きすぎる。リビングとダイニングで40畳近い。ゲストも多いし暴れん坊の子どもがいつも走り回るにはいいが、予算も管理もありえない。そこは最初の案なので大きめに作りましたと言われた。そらー大きすぎるだろう....しかも平屋だからどんなに大きいか。でも夢があるのは事実だ。いやーこうやって皆予想外にドンドン予算とか膨らんじゃうのかななどと思ってしまった。

帰りはずーと計画案を見つつあーでもこうでもないと一人空想の世界に浸る一日だった。こういう時間って昔大恋愛していたあの感覚に似ているな~なんて馬鹿なことを思いながら楽しんでます(笑)

7
 
8

  1. 2007/03/11(日) 11:13:15|
  2. 設計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藪がり

我が家の敷地は川に面しており、敷地から川に降りるときはその手前にある崖を降りることになる。とにかくこの川の前の小さな空間がなんとも大好きなので、その崖にある老木や藪、つるで絞め殺された木、不法投棄物などなど全部一切がっさい取り払ってもらうことに。東京出身の私に藪を刈るのにどれくらいの労力と費用がかかるのかは全く分からず、200-300坪で5万くらいかな~などと思っていたら、見積もりを見ると54万!えー!まー確かに崖で大変な作業かもしれないけどそんなにかかるとは.....そうそう何度もやるものでもないが、悩んでしまう。他にも敷地内に病気の木が何本かあるのとかなり古い老木が倒れそうなのでそちらもお願いして結局頼むことに。

いざ作業が始まると、3日も4日もかかるようでなるほどって感じだ。しかも藪刈りは一応落ち葉も除去してくれるようでそこだけ何だか白っぽく寂しく感じるくらいだ。いい木(ナラなど)は病気の部分以外は細かく切って薪用にとっておきましたといわれたが、家が建って使うのは再来年かしらと思うと何だかそれまでに腐らないのかなとちょっと思ってしまうほどだ。
yabu

yabu2

  1. 2007/03/09(金) 21:17:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

でどうするべきか。。。

と悩みつつもうすっかり3月に入っている。先日子どもの幼稚園で親父達の飲み会と言うものが幼稚園であったので行ってみる。この幼稚園、かなり多種多様な人がいて面白い。サラリーマンの方が少ないのではと思わせる勢いで、パントマイマーから医者、スポーツ選手普段会わないような職種の人がいて面白い。建築関係のお仕事をしている人に聞いてみたり、この幼稚園の移築工事を担当した設計士さんも来ていたので色々聞いてみる。この幼稚園一応、木の建築賞の特別賞をとっているのだ)でもよくよく考えてみたら頼む側でなく頼まれる側にあれこれ聞いてしまってちょっと違ったのかなと反省。でもまー何かのときに何か聞くこともあるかなと思って挨拶しておく。しかし、もうなんかネットで検索するのも疲れたし、だれか何かでいい設計士さんがやってこないかな~なぞかなりのんびり構えている今日この頃、果たして家は建つのだろうか?.....

5
昭和8年に建てられた奥会津の旧本名小学校の木造校舎。いまは東京で娘の幼稚園の園舎として復活している。なかなか素敵だ。保護者会議室や園長室はこの園舎の屋根裏にあってなかなか粋です!
  1. 2007/03/03(土) 10:03:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

みの介

Author:みの介
東京住在 子ども3人の5人家族
夫婦ともに東京出身。親戚一同、東京横浜千葉のみ。田舎のない我が家が長野に家を!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する